色の濃度

▼ データの初期設定 ※重要

▼ 取り扱いソフトについて

▼ カラーモードは必ず「CMYKモード」で作成して下さい。

▼ 色の濃度について、ご確認下さい。

1.色の濃度はCMYKの合計350%より下の値の色をご使用下さい。
  インク量が多すぎて、裏移り、紙の反りの原因となります。

↓ 合計400%のNG例


2.カラーの上に黒を乗せる場合は、以下を参照下さい。
  (白・無地の上の黒のテキスト・オブジェクトはK100です)

×A:k=100の画像やテキストを配置した状態
○B:K以外の色を5%以下混ぜるとノセは適応されません。
○C:インク適量のリッチブラック。こちらをおすすめします。
×D:350%~400%はインク量が多すぎて裏移りや紙の反りの原因となります。

3.k100とはこのような状態です

▼ 仕上がりサイズは必ず「90mm x 54mm」でお願いします。

▼ 名刺のフチまでデザインがある場合は必ず塗足しをお願いします。

▼ 欠けてはいけない文字やデザインは仕上がりサイズより2mm内側で作成してください。

※イラストレーター
▼ 画像は必ず「埋め込み」作業でお願いします。リンクは不可です。

▼ 文字・テキストは必ず「文字のアウトライン化」をお願いします。

※フォトショップ
▼ 1デザインにつき全てのレイヤーを結合して下さい。

※その他
▼ 加工データの作成について