名刺交換の正しい方法

名刺は仕事をする上で重要なビジネスアイテムです。社長から営業マンまで大切な取引先と交渉したり、営業宣伝をしたりするためには必ず自己紹介が必要です。この自己紹介を円滑に進め、相手に忘れられないために名刺を渡す事は、社会人として最低限のビジネスマナーといえます。名刺の受け渡しで役に立つビジネスマナーをご説明いたします。

名刺を渡す

名刺は常に切らさないように準備し、名刺入れに用意します。またビジネス上の関係で、目上の相手から先に名刺をもらってはいけません。たとえ同時に名刺を出し合った場合でも、目下の方から名刺を差し出します。その際に「申し遅れました」と一言添えると、スムーズに交換を行えます。複数名で名刺交換を行う場合は、同じ会社の目上から目下という順番で名刺を渡します。

また名刺を渡すときは名刺入れ以外から出してはいけません。ぼろぼろの名刺や、汚れている名刺は相手に失礼ですので渡さないようにします。よくある失敗例ですが、名刺をテーブル越しに渡すことは厳禁です。そのためテーブルを挟まないように相手側に移動してから、名刺を渡すと丁寧な印象を与えます。そして相手より低い位置で名刺を差し出す事で、謙虚さを表しましょう。笑顔で社名や部署名を述べ、自分のフルネームもはっきりと言います。

名刺を受け取る

名刺を受け取る際は「頂戴致します」と言いましょう。その際に名刺にある相手の名前や、会社ロゴなどの上に指を置いてはいけません。さらに相手の目の前で、受け取った名刺にメモ書きすることも失礼になります。頂いた名刺を汚さないように気をつけましょう。

名刺の同時交換

名刺入れを準備して目下から名刺を交換します。差し出す方は名刺を片手で持ち、名刺が相手正面になるように向け、社名・部署名・フルネームを名乗ります。その際に相手が差し出した名刺の高さより低い位置になるように差し出しましょう。その後にお互い右手で自分の名刺を差し出し、左手で相手の名刺を受け取ります。受け取った名刺に右手を添え「頂戴致しました。よろしくお願いします」と答えます。相手の名前や会社名、部署名をしっかり確認した後に、名刺入れの上に名刺を乗せます。そして椅子に座った後に、自分の左側に並べます。複数の名刺を頂いた場合は、一番目上の人の名刺を名刺入れに乗せ、相手の着席順に並べると良いでしょう。

名刺の一番のメリットは、人脈作りのきっかけになる事です。仕事を成功させるためには、多くの人の協力が不可欠です。そのため普通の名刺を使っていると、多くのビジネスチャンスを逃すことになります。名刺芸家は特殊加工の名刺の作成、加工、印刷を行っている会社です。特殊加工の名刺は高価なイメージがありますが、名刺芸家は格安料金にて提供しております。
また紙質にこだわる方には上質用紙を使用し、箔押し加工された名刺が大変好評です。さらにおしゃれなニス加工名刺、かわいい半透明プラスチック名刺などを豊富な品揃えにて承っています。さらにかっこいい名刺をお求めなら、カサカサした質感が特徴のノンコートエンボスの箔入り名刺がおすすめです。テンプレートの種類も数多く揃えているので、様々なデザインから選ぶことが可能です。名刺注文の際にはぜひご利用下さい。

部分ニス加工名刺、半透明プラ名刺(スケルトン名刺)、箔押し加工、かさかさの紙の無料サンプルのご請求はこちらから