部分的にニス(樹脂)で光沢を出す加工の名刺

部分的にニス(樹脂)で光沢を出す 【部分ニス加工名刺】 の表現手法

 

 

部分ニス加工の名刺のデザインは意外と悩みます。

というのも、ただオブジェクトに光沢を施す、という方法もあれば

『ニス加工自体がオブジェクトとなる』場合もあるからです。

 

 

当店のサンプル(下記画像参照)も赤の下地にニス加工を施す

ニス加工自体がオブジェクトになる、という手法を採用しております。

 

【名刺芸家サンプル】

 

もちろん、ニス部分がわかりやすくなるように、光を当てての撮影となっておりますが

ニス加工部分の下にこのような色を入れております。

 

 

【印刷データ画像、大公開!!】

 

いかがでしょうか。

うっすらと濃い目の赤を追加しております。

また、少しだけエンボスで立体感を出しております。

この下地のフォローをする事により、ニス加工部分が自然と強調されます。

(強調しなくて良い場合は、下塗りは必要ありません)

 

※ニス加工部分は色が濃く見えるようになる場合があります。

あくまで軽い補助程度にお考え下さい。

また、あまり暗い色の上だと、黒に近い色になるケースが多いです。

 

 

ぜひ、サンプルをご請求いただき、この画像と見比べてみてください。

>>サンプル請求フォームはこちらから<<