名刺を使い分けよう

名刺は初対面の方とのあいさつの時に活用される事が多く、人とつながるために欠かせないアイテムです。ビジネスシーンで主に使用される名刺ですが、最近は名刺を使い分ける方が増えています。

名刺を使い分ける目的

ビジネスシーンで使う名刺は、一般的に取引先との交換、顧客へのあいさつなどに使用されます。自分がどのような企業に所属しているのか、どのような役職なのか、連絡先などを記載して信頼感を持たせる事を目的としています。一方、プライベートで使用する名刺は、信頼感などを持たせる事よりも自身をアピールするために使用される事が多いです。相手によっては連絡先の交換を避けたい事もあるでしょう。そのような場面を想定して、連絡先を載せていない名刺を作っておく事もおすすめです。記載している情報が異なった名刺を使い分ける事で、どのような印象を持ってもらいたいかをコントロールする事ができます。

プライベート名刺は自由にデザインしよう

ビジネスシーンの名刺は、シンプルなものや会社のロゴマークが入っているなど、決まったデザインのものが多く、おしゃれにアレンジする事は難しいものです。しかし、プライベート名刺は自由にデザインでき、かっこいい名刺はアピール効果抜群でしょう。相手にどのような印象を持って欲しいかを考えた名刺にする事で、より充実したプライベートな時間を過ごせるかと思います。

名刺作成の際には是非、名刺芸家にお任せ下さい。名刺芸家はおしゃれ名刺の印刷、作成専門店です。部分ニス加工名刺や半透明プラ名刺、スケルトン名刺など特殊加工名刺がお得な料金でご提供致します。
テンプレートを元に自作デザイン名刺作成が簡単にできます。どのような名刺になるかイメージしやすいサンプルもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

部分ニス加工名刺、半透明プラ名刺(スケルトン名刺)、箔押し加工、かさかさの紙の無料サンプルのご請求はこちらから