名刺の役割

c_fn002612_1_01ビジネスシーンに欠かせないアイテムといえば名刺ではないでしょうか。初めて合った相手と最初に行うのが名刺交換であり、交換の瞬間に第一印象が決まります。名刺は第一印象を決める他にも、様々な役割を持っています。


本来の役割

名刺には企業名と役職、氏名がわかりやすく書かれています。初めて会った相手がどのような人物であるのか、瞬時に把握できるようになっています。情報を素早く、正確に伝える事が名刺の一番の役割です。いかに優秀な人でも、一度しか会った事のない人の顔と名前を覚える事は難しいです。名刺を交換していると、後に会社名や氏名を確認する事ができます。名刺は営業ツールでもあり、会社の方針がクライアントのニーズと合致すれば後に仕事の依頼がくる可能性もあります。印象に残る名刺にする為には、デザイン性のあふれる名刺にしておくと良いでしょう。

デザインで強い印象を与える

名刺は持ち運びがしやすいように小さいサイズになっています。多くの人と名刺交換をした時、似たようなデザインの名刺は他の企業の名刺に埋もれてしまい、相手の印象に残らない可能性があります。名刺デザインで個性を演出すると、他の名刺と差別化を図る事ができます。名刺交換の時に強い印象を持ってもらう事ができれば、後に名刺を見た時もどのような人物であったのか思い出してもらえるかもしれません。

会社のイメージを左右する

名刺には企業名や連絡先といった基本的な情報の他に、会社のコンセプトなどを載せる事ができます。名刺を見ただけでどのような企業なのか判断する事ができます。まずは相手に興味を持ってもらう事が大切です。気になった相手は名刺交換の後、さらに詳しく話を聞こうとしてくるかもしれません。文字だけでなく、デザインでも企業イメージを作る事ができます。モチーフや用紙の種類によって高級感を演出する事もできます。企業のイメージに合わせてデザイン・用紙にこだわってみましょう。

個性あふれるかっこいいデザインの名刺を作成したいけれど、自分でデザインする事ができない、という方は、名刺芸家にお任せ下さい。テンプレートを利用して簡単に素敵なデザインの名刺を作成する事ができます。料金も明確になっているのでお見積りも簡単です。無料サンプルもございますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

部分ニス加工名刺、半透明プラ名刺(スケルトン名刺)、箔押し加工、かさかさの紙の無料サンプルのご請求はこちらから